メニューへジャンプ 本文へジャンプ

シーンラインとタイムラインについて、Adobe Premiere Elementsの使い方 プレミア エレメンツの使い方

buy or sell , japanese auction

本文の開始

初級編-シーンラインとタイムラインについて

シーンラインとタイムラインについて

プレミアエレメンツを起動すると、動画編集画面が起動します。

これがプレミア エレメンツの基本インターフェース画面です。
プレミアエレメンツへ動画や静止画を取り込むのは以下の操作で簡単に可能です。

エクスプローラを起動し、取り込みたいファイルを以下←の順番のように
ドラック&ドロップ すればよいです。

これだけで、編集作業エリアであるタイムラインやシーンライン上に取り込めます。

 


画面左したにあるのが「タイムライン」と「シーンライン」の項目ですが
このどちらを利用しても 動画編集は可能です。

 

 

それでは、タイムラインとシーンラインの違いはなにかといいますと

「シーンライン」とは、動画や静止画同士の簡単な編集ができる初心者向けのモードです。
プレビュー画面が大きく見やすく表示されてます。

 

「タイムライン」とは、詳細な編集が出来る一般向けのモードです。

タイムラインの操作をマスターすれば、シーンラインでの操作は自動的に学習することができるので
「シーンライン」の使い方の説明は、このWebページでは省きます。

 

<タイムライン上にあるこれらのツールボタンについて>

左から「選択ツール」「タイムストレッチツール」「スマートトリミングモード」
「プロパティ」「オーディオツール」「マーカー」となります。

「選択ツール」はクリップを選択し、タイムライン上でドラック&ドロップして配置を変更出来ます。
「タイムストレッチツール」は、クリックを引き伸ばし、再生時間を延ばすことが出来ます。

動画の場合は、再生スピードがスロー再生になります。
以上、簡単なツールボタンの紹介とします。後ほど別のページで詳細にご案内いたします。

 

また、プレミアエレメンツの「タイムライン」では、ビデオや静止画像を複数
重ねて取り込みする事が出来るのも特徴です。

「ビデオ1」「ビデオ2」「ビデオ3」とあるように、ビデオや静止画像を重ねて取り込み
再生が出来ます。

配置するにも、 ドラック&ドロップで配置したいタイムライン上に乗せるだけなので
簡単に操作が出来ます。

 

<タイムラインの一般操作>

1、「ズームスライダ」
以下赤枠をスライドさせるとタイムライン上のクリップが大きく見やすくなります。

 

2、「ビデオトラックの表示形式の変更」
タイムライン上の(赤□マーク)をクリックすると以下のように
タイムライン上に配置される動画クリップの動画内容をある程度サムネイル化でき、把握し易くなります。

クリックする事に以下のように表示が変わります。



以上、簡単ですが、タイムラインの使い方と、シーンラインとの違いについての紹介でした。

動画をつくったら次はホームページ製作ですね。おすすめ福井のサイトをご紹介

 


 

ページトップ
ページの終了