メニューへジャンプ 本文へジャンプ

クリップの配置、編集、Adobe Premiere Elementsの使い方 プレミア エレメンツの使い方

buy or sell , japanese auction

本文の開始

初級編-クリップの配置、編集

 

 

 クリップの配置、編集

プレミアエレメンツ上では、クリップをドラック&ドロップでタイムライン上に配置移動する事が可能です。

また、すでにタイムライン上に別のクリップが配置されている場合は、このクリップにある程度の
間隔(距離)をおいて、別のクリップをドラック&ドロップで配置した場合は、タイムライン上に空白の

時間が作成されて配置されます。しかし、片方のクリップに近づけると、自動的に綺麗にくっつきます。

これをスナップといいます。

スナップ機能があるとクリップ同士を近づけるだけで自動的にクリップ同士がくっつくのです。
( プレミアエレメンツ(Premiere Elements)の、「タイムライン」から、「スナップ」のチェックをはずすと
くっつかなくなります。)

 

<以下はクリップ同士が隙間なく綺麗に配置された状態です>
Premiere Elementsのクリップ

 

<以下はクリップ同士に隙間があいている状態>

このクリップの配置を調整し、隙間をうめててみましょう。

プレミアエレメンツの選択ツールを選択した状態で

片方のクリップをマウスで選択し、このクリップの1つを他のクリップにドラックして近づけると、
スナップ機能が働き 綺麗にくっつきますが、1つのクリップの中間にドラック&ドロップすると
「インサート」という処理がされます。

これは、すでにあるクリップの中間にドラックする事により、そのクリップが分割され
その間にクリップが配置されるという仕組みです。

<インサート>

1、2つのクリップがあります。

2、左のクリップの重ねてクリップを移動すると

3、その間にクリップが挿入されます。これをインサートといいます。

 

この時、Ctrlキーを押しながら移動すると「オーバーレイ」という上書きされる状態になります。
上書きされた部分はなくなります。

1、2つのクリップを配置して

2、1つ目のクリップに重ねて移動します

3、今度は、かさなった部分が消去されてます。これがオーバーレイです。

 

<トリミング>
タイムライン上に配置されたクリップは、選択ツールを利用するとトリミングされます。
この トリミング(削除)の方法を以下で紹介します。

1、を選択後、トリミングしたいクリップの境界線にマウスを移動し
以下のようなマークにします。

2、右側にドラックすると、ドラックした部分がトリミング(削除)されます。

3、以下のように小さくなりました。

これがトリミングという切り抜き機能です。

ちなみに、Ctrlキーを押しながら、トリミングすると、全体的な長さは変わらず
ただ、カットされるだけになり、間には空白が出来ます。
(※全体的な長さの事を「デュレーション」といいます。)

 

また、クリップを分割させたい場合は、分割したい場所に時間インジケータをを移動させて
はさみのマークをクリックする事により、クリップを分割する事が出来ます。

 

以上がクリップの配置や編集方法の紹介でした。


上記流れは、静止画での紹介でしたが、動画クリップを分割する場合は
音声ファイルも一緒に分割されるので注意しましょう。動画ファイルだけを分割したい場合は、
動画 クリップ上で右クリックし音声ファイルと分離を選択すればよいです。
(デフォルトでは、動画と音声はリンクされています)

 

また、クリップの設定情報をみるには、クリップを右クリックし「プロパティの表示」を
選択すると詳細情報が表示されます。
※プロパティは、以下のアイコンをクリックしても表示されます。

 

<クリップのプロパティの画面>

 

以上がクリップのプロパティ表示方法です。

プロパティの活用は、中級編、応用編をご参照下さい。


 

ページトップ
ページの終了