メニューへジャンプ 本文へジャンプ

用語集、Adobe Premiere Elementsの使い方 プレミア エレメンツの使い方

buy or sell , japanese auction

本文の開始

初級編-用語集

 

用語集 基本的な用語でり、知っておくとこのWebページが分かりやすくなります。

 

オレンジ枠:モニタパネル「映像がプレビューで見れます」

緑枠:タイムライン上の動画コンテンツを複数重ねて編集できます。デフォルトでは3つあります。

黄緑枠:時間インジケータ:キーを動かして時間を移動させてモニタパネルでプレビューが見れます。

ピンク枠:各ツールバーです。←は選択ツール、時計はタイムストレッチ(動画を縮め早送り、その逆が可能)
はさみはスマートトリミング(自動的に不要な部分をカット)などです。その後は、モーショントラッキング(後ほど解説)
プロパティ、オーディオツール、マーカーと続きます。

 

トランジション ・・・「動画クリップ」や「静止画クリップ」の間に挿入する効果であり、場面切替の際に
            利用されます。A〜Bへ画面が切り替わる時に使われます」

 

エフェクト・・・「動画、静止画クリップに映像効果を適用する事ができます。シャープ、コントラスト、ぼかし
         3D効果、稲妻効果などさまざまなエフェクトがプレミアエレメンツには用意されてます」

 

デュレーション・・「多数のクリップをつなぎ合わせて完成したクリップの最初から最後までの時間
           区切りをデュレーションといいます。動画全体の長さの事です。」

 

クリップ・・・「静止画や動画単体の事を指します。」

 

トリミング・・・「クリップの切り取りをいいます。」

 

タイムライン・・・「動画を編集する領域の事です。プレミアエレメンツには複数のタイムラインが用意
          されており、他のビデオ編集ソフトではできない多数の映像合成なども可能です。」

 

プロジェクト・・・「プレミアエレメンツでは動画として書き出す前の編集中の状態をプロジェクトとして
          保存して利用します。いつでも編集中の状態をプロジェクトとして保存すれば、再利用
          も簡単に出来ます」

 

レンダリング・・・「動画再生テストを滑らかにするための作業です。レンダリングするとハードディスク内に
           レンダリングファイルが作成されて、空き容量を圧迫するため、不要なレンダリングは削除
           するとよいです。」


 


 

ページトップ
ページの終了