メニューへジャンプ 本文へジャンプ

トランジションの活用編、Adobe Premiere Elementsの使い方 プレミア エレメンツの使い方

buy or sell , japanese auction

本文の開始

中級編-トランジションの活用編

 トランジションの活用編

クリップ同士の間に挿入し「トランジション」の効果についても
エフェクトと同様に、トランジションのプロパティを表示させてさまざまな
トランジションのカスタマイズが可能です。

例えば、以下の「フライアウェイ」のトランジションを挿入し、カスタマイズする流れを紹介します。

1、クリップとクリップの隙間(クリップの切り替わり箇所)に上記の「フライアウェイ」を
ドラック&ドロップで挿入します。挿入されるとこのマークが入ります。

のマークがトランジションが設定された箇所をしめします。

2、このトランジションを編集するには、このマークを右クリックし以下メニューから
「プロパティを表示」をクリックします。
(もしくは、青□の箇所をクリックしても同様なプロパティが表示されます)

トランジション

 

3、プロパティをクリックすると以下のようなメニュー画面が表示されます。

トランジションのプロパティでは、デュレーションの開始ポイントの画像の調整や
トランジションの長さ(デュレーション)を調整したりも出来ます。
トランジションの編集

 

以下赤□枠をクリックすると「A]「B」の画像ではなく、実際のクリップ画像に変更する事ができます。
青□枠をクリックすると、デュレーションの具体的な流れで調整できたりもします。

トランジションの活用


以下が青□枠をクリックした画面です。スライドを調整させて再生の流れを確認したり
反転ボタンで、トランジションの開始と終了の映像を逆向きにする事も出来ます。

プレミアエレメンツのトランジション

 

また、トランジションのプロパティで出来る編集内容は、トランジションの種類によっても変わります。

以下の「ストライプスライド」のトランジションのプロパティの場合は、
ストライプの入る位置も調整できます。

 

以下赤枠を調整して、ストライプの始まりを変更して比べて見ます。
例えば、以下のポイントにするとこうなります。

 

<上からストライプスライドが始まります>

 

今度は、斜め左したをクリックしてみます。

トランジションの応用

 

<斜め左したからストライプスライドが始まります>

 

以上のように、トランジションもカスタマイズする事で、オリジナルのトランジションが作成出来ます。
トランジションの活用方法の紹介でした。

 

 


 

ページトップ
ページの終了