メニューへジャンプ 本文へジャンプ

エフェクトの活用編、Adobe Premiere Elementsの使い方 プレミア エレメンツの使い方

buy or sell , japanese auction

本文の開始

中級編-エフェクトの活用編

 

 エフェクトの活用編

エフェクトもプロパティを表示させて、いろいろ編集する事が可能です。

エフェクトの編集をこちらでは紹介いたします。

 

まず、以下の静止画像のクリップがあったとします。

 

こちらに、以下3Dエフェクトを適用してみます。

 

すると、クリップに3D効果のあるエフェクトが設定されました。

 

この3D効果をさらに編集する事が可能です。

タイムライン上でペンギンのクリップを選択しツールボタンの
「プロパティ」ボタンをクリックします(クリップを右クリックしプロパティの表示でもOK)

 

以下プロパティ画面が表示されます。基本3Dの箇所をクリックし編集が出来ます。
※ちなみに、 この目のマークをクリックするとエフェクト機能の「ON」「OFF」が設定できます。
目のマークはON、目のマークがないとOFFです。

 

詳細な3D設定ができる画面に切り替わります。

 

基本3Dの設定を編集するには、 「鏡面ハイライト」や「画像までの距離」
「スウィベル(3Dの角度)」、「ティルト」などはこの画面で調整できます。

 

「スウィベル」を調整し3Dの位置を変更してみました。

 

「ティルト」を調整するとまた、上下に調整が加わり、以下のように変更されます。

 

このように、エフェクトも「編集する事」により、デフォルトのエフェクトのままではなく
いろいろなエフェクト(3D効果)を適用させる事が出来ます。

この3D効果と、アニメーション効果を組み合わせるともっとかっこいい動きが
可能となります。そのあたりは、応用編の「アニメーションの活用」でご説明させていただきます。

 

 

ページトップ
ページの終了