メニューへジャンプ 本文へジャンプ

テキストをエンドロールする。テキストアニメーション、Adobe Premiere Elementsの使い方 プレミア エレメンツの使い方

buy or sell , japanese auction

本文の開始

中級編-テキストをエンドロールする。テキストアニメーション

 

 テキストをエンドロールする。テキストアニメーション

 

<映画でよくみるエンドロールの紹介>

動画クリップや静止画クリップにエンドロール(テキストアニメーション)
をつける方法を紹介します。

1、プレミア エレメンツでテキストを挿入したいクリップ上に時間インジケータを
  移動させます。

2、「T」のマークをクリックするとテキスト入力画面になります。

テキスト

3、テキスト入力画面になりましたら、さらに右下の赤□マークをクリックします。
プレミアエレメンツでエンドロール設定

 

4、ロール・クロールオプションが表示されます。「静止」の状態だと動きませんが
ロールにすると、下から上へ、クロールにすると、左から右へと・・文字を移動する事が可能です。ロールオプション

 

5、文字が開始されるタイミングや速度を調整するのに、開始スクリーンや
終了スクリーンがあります。

「開始スクリーン」にすると、テキストの始まりが、枠の外からじょじょに枠の内部へ入ってきます。
「終了スクリーン」にすると、テキストの終わりが、枠の中からじょじょに枠の外部へ消えていきます。

 

6、開始スクリーン、終了スクリーンにチェックして、適当な文字を書き完成をクリックします。

 

7、以上で「あいうえお」のエンドロールが完成しました。
「 開始スクリーン」と「終了スクリーン」に注目 して確認してください。

 

8、再度文字を編集するには、タイムライン上のマーカーでテキストが始まるタイミング
を選択し、テキスト文字「赤□枠」をダブルクリックすると再編集が出来ます。
エンドロール
(※青枠のスクロールバーを一番↓に移動してから、再度一番上に戻すと
エンドロールの最初から最後までの文字の状態を確認できます。)

以上、エンドロールの作成方法でした。

 

<一般的なテキストアニメーションの紹介>

1、再度、プレミアエレメンツ上で「T」マークをクリックしテキスト入力画面にします。


2、文字を一行入力したら、右側にある「テキストアニメーション」をクリックします。

以下のような「角度をつけてフェードアウト」「文字ごとにフェードイン」「行ごとにフェードイン」
などいろいろな「テキストアニメーション」の一覧が表示されます。
テキストアニメーション
注意:テキストアニメーションは入力したテキスト文字を改行すると設定できなくなります。

 

3、テキストを入力後は、任意の「テキストアニメーション」を選択し「適用」ボタンをクリックし
「完成」を クリックすれば出来上がります。

「テキストアニメーション」もビデオタイムライン上に配置されます。以下に表示されるように、
タイムライン上に「タイトル02」クリップと「タイトル03」クリップが追加されてます。今回は、 テキストを
2つ挿入(アニメーションも適用済み)したので、2つのクリップが追加されたのです。
テキストアニメーションのタイムライン
※赤枠が追加したテキストアニメーション、青枠が元のクリップ

※タイトル02はテキストアニメーションの「角度をつけてフェードアウト」
タイトル03ははテキストアニメーションの「ジグザグイン」を適用してみました。

4、再生してどうなるか確認しましょう。

 

 以上がテキストアニメーションの使い方でした。
ちなみに、テキストアニメーションを再編集するには、テキスト上をダブルクリックすれば
編集画面が表示されます。

 


ページトップ
ページの終了