メニューへジャンプ 本文へジャンプ

エフェクトのアニメーション、Adobe Premiere Elementsの使い方 プレミア エレメンツの使い方

buy or sell , japanese auction

本文の開始

応用編-エフェクトのアニメーション

 エフェクトのアニメーション

エフェクトも編集し、アニメーション機能を持たせる事が出来ます。

例えば、以下のアジサイの花(静止画クリップ)に稲妻のエフェクトを持たせます。

編集にある「エフェクト」から「稲妻」を選択し、「稲妻」をタイムライン上にある
クリップにドラック&ドロップすれば「稲妻」エフェクトが適用されます。
稲妻エフェクト

 

稲妻エフェクトが適用されました。
稲妻のエフェクト適用

 

このエフェクトは、稲妻エフェクトを適用しただけですが、再生するとわかるように
稲妻エフェクトは、なにも編集せずとも、動画のように稲妻が動いています。

 

それではこちらを編集するとどういう事が出来るかを紹介します。

1、タイムライン上で稲妻を適用したクリップを選択し、プロパティをクリックします。

 

2、キーフレームを表示させて時間インジケータを表示させます。
いつものアニメーションを設定・編集する画面が表示されます。

 

3、プロパティ画面で「稲妻」の箇所をクリックすると、モニタパネル上では以下のように
稲妻の端(開始点と終了点)の編集が出来る様になります。
エフェクトの編集 

 

4、今回はアニメーションを設定するので、タイムライン上の最初の位置で、
アニメーションONをクリックし、キーフレームを表示させます。
稲妻のアニメーションON

 

5、時間インジケータを先へ進めて「稲妻」エフェクトを選択後


モニタパネルの稲妻の「終了点」を移動致します。


6、自動的に編集した時間インジケータの「終了点」の箇所にキーフレームが追加されます。
モニタパネルから稲妻エフェクト編集

 

7、以上で完成です。時間の経過とともに、稲妻の先(終了点)も移動するアニメーションの完成です。

再生してみてみましょう。微妙な違いですが、稲妻の終了点が時間の経過とともに右上に移動する
のがわかりますでしょうか。

この動きを応用すると、例えば、常にアニメーションの動きに合わせて稲妻の終了点を
編集して、こんな面白い事も出来る様になります。手動で多数のキーフレームを設定するので
やや手間がかかりますが・・

 

以上がエフェクトにアニメーションを設定する操作方法の紹介でした。


ページトップ
ページの終了