メニューへジャンプ 本文へジャンプ

特定の動きを追跡し、動作するアニメーション(モーション・トラッキング)、Adobe Premiere Elementsの使い方 プレミア エレメンツの使い方

buy or sell , japanese auction

本文の開始

応用編-特定の動きを追跡し、動作するアニメーション(モーション・トラッキング)

 特定の動きを追跡し、動作するアニメーション(モーション・トラッキング)

動いているものを自動的に追従して後をおう機能がモーショントラッキングです。

動いている物体にあわせてフレームを動かす作業を手作業で行うと
キーフレームを多数設定し大変な作業になります。
(応用編のエフェクトのアニメーションは手作業で行いました)

その作業を自動的に追跡してくれる機能がプレミアエレメンツにはあります。それが
モーション・トラッキングです。こちらの使い方を紹介いたします。

 

<モーショントラッキング>

以下は恐竜が動く動画クリップです。この恐竜の動きに合わせて動くクリップを1つ追加します。

 

1、まず、モーショントラッキング機能で自動的に解析させます。クリップを選択し
モーショントラッキングをクリック致します。
モーショントラッキング

 

2、モーショントラッキングが開始されます。
自動解析

 

3、モーショントラッキングの画面です。
モーショントラッキング

 

4、「オブジェクトの追加」をクリックし、追跡する箇所をマークします。

四角の枠を恐竜の箇所にあわせるように調整します。

 

5、設定後は、「オブジェクトの追跡」をクリックします。これで自動的に恐竜の
動きを追跡いたします。

6、追跡の様子


※うまく追跡出来ない場合は、オレンジの枠を選択し削除してやり直します

7、追跡完了後は、モーションのオレンジ枠の中に別のクリップを追加します。

今回はクリップアートからお化けのクリップを追加してみます。

8、タイムライン上をクリックするともとの状態に戻ります。

追跡が途中で途切れる場合は、再度、モーショントラッキングを開き
途切れを再度追跡し直し、同様に追加します。

今回は途切れた途中から別のクリップアートを追加してみました。

完成した動画をみてみましょう。

以上が、モーショントラッキングの機能でした。

自動的な追跡機能なので、うまくいかなくてもある程度は仕方ないと思います。

細かく追跡したい場合は、アニメーション機能をONにして、動きを設定するしかないですね。


ページトップ
ページの終了